● おまじないで恋愛勝組

おまじないが必要とされる時

おまじないというと女の子のものというイメージがありますが、漢字に直すと御呪いともなって、実は昔から現在まで続いてきている由緒正しいものだったりします。過去には呪術として権力とも結びついていて、調べるとなかなかに奥深いものであるのですが、現在一般的に伝わっているおまじないは気軽に楽しめる、呪術というよりも占いや願掛けに近いものとなっています。そもそも何のために行うかというと、心理的な支えや指針となるもので、イワシの頭も信心からということわざがある通り、心のよりどころを作ることで冷静さを取り戻したり落ち着いたりと、様々な効果があるのです。ある意味ではプラシーボ効果に似たものとも言うことができます。

昔から今まで続いているものです

それゆえおまじないといっても馬鹿にすることはできず、今もパワーストーンが売られていて、女性を中心に多くの人から求められています。そもそも見えないからといって絶対に存在しないとは言い切れず、おまじないというのは自分が信じた時点で効果が表れるものです。例えば緊張した時に人の字を手のひらに三回書いて飲み込むと落ち着く、これは科学的に照明できるものではないですが、実際に行って落ち着ける人がいるのですから、決して効果がないわけではないです。それゆえおまじないは人によっては大切なもので、何かに縋りつきたい時、どうしようもない時に頼るのは決して悪いことではないのです。時として理性で対処できないこともあり、おまじないは大切なものとなります。